So-net無料ブログ作成
検索選択
ウチの植物たち ブログトップ
前の10件 | -

蕾と種まき [ウチの植物たち]

いいお天気なので、思い立って、弟からもらったパクチーの種を撒きました。

DSCN7650.JPGパクチーはうまくいった記憶アリ

今度は雨垂れが落ちない範囲に。
そして野良猫にやられないようにカバーをして、楽しみに待ちます。

DSCN7651.JPG芽が出たら次の対策へ

うまくいったらルッコラも撒くことにしましょう。


今年の冬は雪が積もらなかったので、モッコウバラの余分な葉が一掃されません
でした。
蕾はたっぷり。

DSCN7654.JPG満開はゴールデンウィーク
DSCN7662.JPGポツポツ咲いています

「もうすぐ咲くねー。あとちょっと!」
と、通りがかりのご近所の人が話しているのを聞くと、嬉しくなります。


nice!(8)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

クリローはいける [ウチの植物たち]

主な日差しが西陽という厳しい園芸環境の我が家ですが、クリスマスローズはいけます。
夏越しのコツもつかみました。

スペースは限られているので、今後はお気に入りの花が咲く株、花数・花が多い優良株
に絞って育てたい。
というのも、今あるのは、弟にもらった、かつて一回しか咲いたことのない鉢と、
葉っぱばかりが茂り、花数の少ない鉢のふたつのみ。
初期のころ枯らした鉢は値段も高かっただけに花数も申し分なかった[ふらふら]

DSCN7618.JPG←可愛い黄色の花だけど、3年に一度しか咲かない
DSCN7616.JPGDSCN7622.JPG
普通はおいておく秋以降の新葉を思い切って切ったら、お花が見えていい感じ

種で更新する有茎種のリヴィダスは、長く咲いてくれましたが、とうとう枯らして
しまいました(涙)。なぜ種を取らなかったのか・・・。


というわけで、新しいものを手に入れる時は、多少高くても渾身の一鉢にしようと
心に決めていた矢先の散歩の途中、不思議な花を咲かせている鉢を見つけました。
そして700円というお買い得価格をやり過ごすことができませんでした。

IMG_0079.JPG重いので帰りは電車に乗る

花びらの外側が黒く、中が緑色という、とっても好みの花。
葉っぱも少ない開花株は、それほど悪いものではなさそう(だと思う)。

DSCN7614.JPGだんだん紫っぽくなってきた

そのお店に並んでいたクリスマスローズの花は、同じ花が咲く鉢はなく、他にも魅力的
な花がありましたが、ラベルも付いていない。
どこかのナーセリーで、無計画に育てた鉢の中の、珍しい花の株をまとめて出荷したの
かもしれない。


実はふるさと納税で、返礼品にクリスマスローズをくれる自治体があり、申し込んで
います。
クリスマスローズ専門のナーセリーから送られてくるようなので、期待しながら待って
います。

nice!(9)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

うれしい収穫 [ウチの植物たち]

和風庭園(もちろんそんな上等なものではない)と呼んでいる、我が家の花壇。
南側なのに、住宅密集地のため日当たりが悪い。
地下茎で伸びてきた竹やシダ、どこからか胞子が飛んできたアジアンタムなどで、一応緑化
はされている。

アジサイのアナベルが、いつの間にか絶滅してしまって以来、放置していたけど、
シダやアジアンタムが自生すると言うことは、それ系の弱い光で柔らかく育つハーブを植えれば
よいのだね。おばあちゃんちの裏山に生えていたような。
と、言うわけで、青シソ、パセリ、バジル、コリアンダー2株、ミント2種を植えました。

DSCN7195.JPGかろうじて、午前中3時間ほど日が当たる

青じその葉が食われまくっている。
見るとデカい毛虫が2匹、葉っぱを貪り食っているではないか。
今朝も玄関で、でっかいフンを見つけて、相当デカい奴がいると探したら案の定いたのと同じ
毛虫。いったいどいつが産み付けていったのか?

青じそは養生が必要なのでそっとしておき、摘心を兼ねて、他をいろいろ収穫。

DSCN7197.JPG見るだけでも美しいな

今日は生春巻きでもしようかな。
そしてミントで初モヒートだ。ライムを買ってこよう。

DSCN7204.JPGうまーい(シロップ無し&濃いめ)
nice!(10)  コメント(12) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

こんでええねん。 [ウチの植物たち]

つれあいが、「可哀想、可哀想」と、うるさいので仕方なく植え替えた、「金の成る木」。
あまりにバランスが悪くなり、すぐコケるものですから。

俗っぽい名前で知られていますが、実はベンケイソウという多肉植物。
初めは寄せ植えにしていたのに、他を圧倒し、すくすくと大きくなっちゃった。

DSCN7188.JPG最初は5センチほどだった

小さな鉢でよかったのに、鉢を大きくするとさらに上部が大きくなって、お隣さんみたく
巨大化して鉢が割れるっつーの。

DSCN7185.JPG金は成るのか?(お隣は確かにお金持ちだ)

実はもうひとつある。もう、木になってます。

DSCN7187.JPG纏足状態

これを見て、また「可哀想」と嘆くんですけど、無視しています。


nice!(10)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ぎぼうしと夏支度 [ウチの植物たち]

ぎぼうしって、葉の色も美しく大中小さまざまな大きさがあり、模様もいろいろだけど、
冬季は地上部がすっかりなくなり、暖かくなったらひっそりと葉を出してくる地味~な存在。

DSCN7121.JPGブルー・カデット

裏の日当たりの極めて悪い花壇に、ノーザンエクスポージャーという50センチくらいの株が
あったのに、まだ出てこない。

DSCN4995.JPG去年の姿:スタート遅し

「カエルに食べられた。」、と弟に話すと、「カエルは食わん。」とのこと。
ほじほじしてみると、芽がありました!しかも増えてる[ハートたち(複数ハート)]よかった~[あせあせ(飛び散る汗)]



ブルーカデットは2週間ほどすると、こんなにモリモリ。

IMG_4772.JPGキルトのステッチのような線が美しい

葉が焼けて茶色になってしまうから、玄関前の厳しい西陽は無理。
クリスマスローズが夏越しの準備に入ったら、初夏までは玄関に置こう。

ステキなお庭を持ち、その広さゆえに制限もなく、いろいろな植物を育てておられる方々が
いるのに対し、狭い路地裏の我が家、日差しのなさゆえの徒長、西日の葉焼け、猫の糞害、
カラス(多肉を攻撃しやがる)と、障害は山積。
いや、花粉と蚊の時期を避け、気が向いたときにしか手入れしないというテキトーな私が
一番の問題であります・・・。



というわけで、夏に向けて、久しぶりにいろいろ買ってきました。

DSCN7157.JPG食べられません

オーストラリアン・ローズマリーと言いながら、ローズマリーに非ず。葉が似ているだけで、
香りもしません。こんもりふわふわ形よく整うそうです。

食べられないのは寂しいので、直立性のローズマリーも買ってきました。
今回は鉢で育てて、どんどん大きくしていこう。ついでに姿のかわいいシルバー・タイムも。

DSCN7131.JPGDSCN7154.JPG


盛夏までは、お花も楽しみたいので、久々に開花株購入。

DSCN7153.JPGローダンセマム・アフリカンアイズ

アフリカンっていうだけに、蒸れや加湿が嫌いとかで、多年草ですが、難しいから一年草扱い
なんですって。
そんな乾燥好きの子は株元カバーも兼ねてセダムと寄せ植えにしよう[るんるん]



そういうわけで、このままゴールデンウィーク帰省に突入です。
nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

蕾の季節 [ウチの植物たち]

DSCN7112.JPGIMG_4663.JPG隣は建設中                   咲いた!

短日処理どころか、水すらも3ヵ月以上やっていなかったカランコエ・プミラ。
いくら多肉でも、そこまで頑張る?

そんなプミラさまが、今年もつぼみを付けてくれました。
去年より花数多いかしら?

モッコウバラも、知らない間につぼみがたくさん。
四月の末の満開までまだ少しある。

IMG_4662 (1).JPGピンボケですみません



DSCN7111.JPG長生きステルニー、今年も咲いた

クリスマスローズの先陣を切って、開花中のステルニー。
春だねえ。
nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

短日処理 [ウチの植物たち]

短日処理していないのに、花芽をつけてくれたカランコエ。
とうとう咲いてくれました。

DSCN6457.JPGふたつだけだけどね

冬の間は室内に置いていたけど、シクラメンと入れ替わりに、いつの間にか外に出されて
しまった上、放ったらかしで、徒長しまくり。
葉を楽しむ、我が家の他のカラーリーフとほとんど同じ存在でした。

日没とともに、決まった時間、段ボールなどをかぶせて完全に光を遮断し、朝、取り除く
処理を短日処理というそうです。
カランコエの場合、30日間、毎日夕方6時から朝の8時まで、1日12時間必ず暗く
します。
温度管理もありますが、それをすれば、花芽が形成され、好きな時期に花を咲かせられる
とのこと。
18:00~8:00・・・、朝は箱を取り除けても、18:00にかぶせることができない。


DSCN6462.JPG粉吹きの葉の、プミラといいます


もちろん買った当時は、ピンクの花が満開。白い葉も際立っていました。
多肉植物なので、日光に強いと思いきや、夏は半日陰で管理してあげないといけない
そうです。
それすらも、知らなかった。なんで咲いてくれたのかしらん。
nice!(9)  コメント(10) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

冬のおきまり [ウチの植物たち]

限界が見えて以来、ほとんどやる気のない園芸活動。
路地裏住宅密集地のため、冬季は冬季で、またこれが条件悪し。
しかし、冬は虫がいなくていいな。


そんなこんなで、冬になると窓辺に飾るシクラメンを買います。

DSCN6137.JPGモロッコのバケツに入れましょう

いつもガーデン・シクラメンだけど、今年は大きめ株をゲット。と言っても648円。
肥料を仕込んで、植え替え完了。
葉っぱを外側に、お花を中心に。終わりかけの花や枯れた葉は根元からスポンと取り除く。
窓辺でとりつかれたようにやっている私。
これをすると、次から次へと花が咲いて長持ちするのよ。
お向かいの奥さんに、「造花?」て言われるくらい。

198円の株では努力の甲斐もなし、毎年使い捨てのシクラメンだけど、来年はがんばって
越させてみようかな。

DSCN6140.JPGどんどん増えるよ

ついでに、増えまくるグリーンネックレスを、おすそ分け用に増殖させましょう。

nice!(11)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

大きなお世話と庭いじり [ウチの植物たち]

春の植え替えをせっせとやりながら、ふと考えていました。


関西では、お客様は神様といわれます。
商人の街ならではの、お金を支払う人が偉いっていうやつです。


郷に入れば郷に従えとは言うけど、東京では、驚くことがたびたびです。
商店街の八百屋で、店頭の分葱がどれもかなり傷んでいたから、新しいのありますか、
と聞いたら、店主が新しい商品を出してきて、レジ前に投げました。
お客さんに商品を投げるなんて。野菜、ひいては、農家に対しても失礼すぎや
しませんか。関西なら、そんな光景を見たおばちゃんたちから、言葉の袋叩きに遭います
文句を言うな、売ってやっている、という姿勢の表れでしょうか。


目黒区に住んでいるとき、仕事から帰り、さあお風呂を入れようとしたら、またマンションの
断水(エアコンや水道など、家賃の割に故障の多いマンションでした)。
隣の豪邸に住む大家さんに言いに行ったら、有無を言わさず裏口に周れと言われました。
旧家の嫁は、勝手口しか使わせてもらえないというのもありますが、三河屋さんのサブちゃん
じゃあるまいし、安くない家賃を毎月得ているにもかかわらず、迷惑をかけているにも
かかわらず、この対応には驚きました。
土地を持つ者が一番えらいと勘違いさせる、東京への人口の偏りが、こういう態度につながる
のかもしれません。




さて、品川区の、うちの家の周りにも借家を数軒持っている現在の大家さんは、自由が丘
にもまとまった土地を持っているそうな。
引っ越した時、ご挨拶に行ったら、舗装もしていない、バイクも入れないような路地の奥の、
植木鉢ひとつない簡素な家にお住まいで、本当にここが地主の家かと驚きました。

固定資産税とか、後の相続税など、大金持ちならではのいろいろ心配なことがたくさん
あって、お家を飾る気にもならないのかな。お墓の中に入った後も、財産の心配があるの
かな。お金があったら、いろいろしたいことがあるけど、ありすぎても大変なのね。
ちなみに、そういう人は、上場企業や大企業嗜好が最も強いので、外資系の会社の、かろうじて法人契約の我々を見る目は、相当うさん臭そうでした。



そんな、大きなお世話なことはおいといて、せっせと借家を飾る私。
夏に向けての準備は、花が終わったクリスマスローズを移動させ、ふだんは放ったらかし
なのに、飾るものがなくなると都合よく引っ張り出されるヒューケラを、いつもの寄せ植え。
真夏の厳しい西陽に、少々葉焼けは起こすけど、なんとか耐えてくれる、ありがたい存在。
太陽を浴びると、本来の葉色を発揮して、今がいちばんきれい。

DSCN4990.JPGライムリッキーとサザンコンフォート

弟にもらった、大中小のホスタ(ギボウシ)。
一番大きなノーザン・エクスポージャーも、顔をだし、すっかり葉を広げました。

DSCN4987.JPGDSCN4995.JPG
春になると葉を出すのがうれしい                お花も咲きます


小さめの鉢に植えると、がんばって大きくなるギボウシ中型のブルー・カデット。
ギュウギュウになっていたのを植え替えました。
DSCN4992.JPG鉢替えしてノビノビ向こうはマーマレード色

今年もよく咲いたモッコウバラ。ここ数年、冬の終わりの大雪で、不要な古葉、古枝が
強制的に取り除かれるせいか、花数が多く、持ちがよかったような気がします。

DSCN4805.JPGこれからは幼虫との戦い

梅雨もすぐそこです。

nice!(5)  コメント(7) 
共通テーマ:地域

クリーム色になりました [ウチの植物たち]

その後、弟にもらった黒花と思っていたクリスマスローズの白いつぼみが、ほんのり色づき
始めました。

もしや、このピンクが濃くなって、黒になっていくのか?!

つぼみ色づく.JPGプックリつぼみちゃん



いえ、さすがに黒にはなりません。クリーム色に落ち着きました。

DSCN4775.JPGDSCN4779.JPG
ブロッチもスポットも無しの平凡花だけど、クリーム色は初めて


他のメンバーたちも、機嫌よく咲いています。

DSCN4770.JPGDSCN4767.JPG
ステルニー、まだよく咲きます          福袋株、今年は花数少ない


東京は、雨。でも、暖かい日が続いています。
モッコウバラも、もうすぐ咲きそうです。

nice!(8)  コメント(9) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | - ウチの植物たち ブログトップ