So-net無料ブログ作成
検索選択
手しごと ブログトップ
前の10件 | -

手袋編んでます [手しごと]

8年ほど愛用していたカシミアの手袋がとうとうダメになりました。
もちろん、指の間の穴あきなどは都度補修していましたが、広範囲の消耗は繕いようが
ありません。手首部分なんかは全然オッケーなんだけどな。

DSCN7563.JPGDSCN7567.JPG
これはどうしようもないもんね。アームウォーマーに変身させよう。

そうだ、カスタムメイドなら、手の大きさに合わせて作られるから、傷みにくい。
久々に手袋を編もう。
旅先の仙台のデパートに入っている民芸店で買った白いボタンがあるから、白い手袋に
ピッタリだわ。

DSCN7558.JPG今、指二本目にとりかかってます

DSCN7564.JPGどこに付けようかな

早く編まないと、冬が終わってしまう。


nice!(7)  コメント(8) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

アフリカの布 [手しごと]

海外旅行に持っていく洋服は、かさばらないもの、しわにならないもの、現地で洗濯できる
もの、長時間の移動でも楽なもの。
夏場なんか、旅行中のワードローブのほとんどがユニクロになるのは、シンプルで着まわし
がきくから。

それでは味気ないなと思っていたら、デパートの輸入雑貨屋さんで、カラフルな布を発見。
アフリカの女性が頭や体に巻く、華やかな張りのあるコットン製の布。
これで、シンプルなTシャツに合わせるスカートを作ろう!

DSCN5015 (1).JPGインドで作られているという話もありますが

プリントの配置で、試行錯誤。裾に白が入ると甘めになってしまう。
ギャザー分量を少なく、子供っぽくならないように作ろう。

DSCN5026.JPGハワイアンぽくなっちゃった


もうひとつは、真夏に重宝しそうなブラウス。お手本では、袖がついていたけど、省略。

写真 (3).jpg超・簡単で、すごく涼しい

アフリカの布だけあって、織りがゆるく、風が通りぬける。
nice!(6)  コメント(8) 
共通テーマ:ファッション

蔓でできたかごバッグ [手しごと]

ずっと前から気になっている、山ぶどうの蔓のかごバッグ。
お散歩や図書館に行くときに、つれあいも持てる、薄くて大型のユニセックスなものが欲しい。

少し安い中国製もある中、日本で採れたぶどうの蔓で、熟練した職人さんが編んだバッグは、
物によっては20万円以上[exclamation×2]というのもあり、持ち手を交換したり、底面を補修したり、
手入れをしながら50年100年使えるという。

大枚はたいて買ったブランドバッグも、クロゼットの奥で眠っていることを考えたら、おばあさん
になっても使えるのは、お得なのでは、などと考える。

写真 (2).JPGこれはアケビの蔓製、セールで6万円弱


旅先でいいものに出逢ったら、と、アンテナを張っているけど、幸か不幸かまだ購入には
至っていない。
それまでは、せめてあれこれ手を入れて、このへんで我慢。


DSCN5013.JPG持ち手のビニールがなぁ

DSCN5010.JPGこれはアジアのカゴかな

DSCN5009.JPG少数民族のチャームと韓国の鈴

母にもらったカゴに自前の古布で中袋を作ったり、、安く手に入れたバッグの中袋を、取り換え
たり。お気に入りのチャームを付けると、愛着度アップ。
nice!(4)  コメント(5) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

適材適所 [手しごと]

キッチンの細い窓は、これからの季節、西陽が厳しくなります。
去年までのカフェカーテンは、数年間の日光とコンロからの油で、生地がやられてしまいました。
さて、暑くなる前にどうにかせねば。
使い捨て状態なので、お気に入りのレースや布を使うのは非常にもったいない。
だからと言って、毎日立つ場所だけに、どんなものでもいいという訳でもない。
濃い色だと、キッチンが暗くなるし、でも、ある程度の遮光力は必要だし・・・。

いいものみっけ。

友達のロンドン土産のティー・タオル。お茶の時間に使う、まあ、ふきんかナプキンってとこ?
色もアイボリーベース地に紺のプリント。しっかりした木綿で、見た目もシンプル。
細長窓に会わせるためのセンターにタックを1つなら、絵柄も邪魔しないかな。
紺のリボンでもよかったけど、ちょうど、紺の文字入り綿リボンがありました。

カフェカーテン 002.jpgミシン何年も出してない

カフェカーテン 003.jpg
                                こういうときのためにリボンが捨てられない

制作時間10分。手しごと、というより、使い道のなかったもの(こらこら、友達に失礼やろ)に、
こんな有用な使い道が開けて、嬉しいな。
nice!(4)  コメント(7) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

黒いレースのマフラー [手しごと]

できました!
苦節、どれくらい?と、思ったら、ひと月くらいでした。→こちら

せんべいとレース編み 011.jpgよく見えるように・・・

初歩の初歩、編み始め(!)すら分からなくて、固まりました。
レース編みの基礎の本を二冊を横に、大きくほどくこと、幾度。
糸が黒でよかったよ。真っ白ならベージュのグラデーションがつくとこだった。

元来のテキトーな性格から、中盤以降のミスは、無視して進む・・・。

最後の仕上げアイロンが大変でしたが、それをすることによって、パリッと仕上がり、見栄えが
よくなりました。

せんべいとレース編み 015.jpg淡いグレーに合うかな

編み目模様が見えるように、白シャツに合わせましたが、グレーのニットなんかにいいかな。
nice!(4)  コメント(6) 
共通テーマ:ファッション

ただいま奮闘中 [手しごと]

レース編みをしようと糸を買ったものの、暑い最中じゃ出来上がったレースが汗で黒ずむと
いうもの。
ずっと放ったらかしたまま、ようやく涼しい季節となりました。

高校の家庭科の実習のとき以来、確か、カラフル糸でテーブルセンターを作ったのは、
はるか遠い昔。


さてさて、図書館で探すと、ステキなマフラーの図案を見つけました。
取りかかってみると、

○×△□・・・・・・・・、分からん!


ちょっと難しいのを選び過ぎたか?でも、身につけるものは、デザインが肝心。

レース編み 003.jpg

挑戦中なのは、こちら

そんなこんなで、パソコンからも遠ざかり、編み編みに熱中しております(ほどいてばかりでいっこうに
進みませんが・・・)。
nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

修理をしました。 [手しごと]

ソックスをつづったり、塗りの行李を修理したり、割れた器を金継ぎしたりと、日々割と、ちょこちょこ
地味な作業をしておりますが、このたび、また必要に迫られた件。

財布の修理。

これは、昨年11月、一人旅で、ヨーロッパに行ったとき、パリのお気に入りのお店で買ったお財布。

お花見2011 006.JPG
    他に黒・こげ茶・オレンジ・オリーブグリーンから、”アイボリーがあなたのイメージ”だって、ホンマか?

早速、喜んで財布を使っていると、ある部分が、かなり具合が悪いことに気付きました。

お花見2011 011.JPG金具がグラグラ

このカシメという金具の止め方が、信じられないくらい、不安定なのです。

通常、この手の金具を取り付ける(凹凸の金具で革を挟む)場合、補強用に厚めの芯をかませる
のが普通です。
しかし、この財布の場合、カシメ金具が、繊細な本体の革一枚に取り付けられているようなのです。

なので、金具はグラグラ、このまま使い続けると、革が破れるのは目に見えているし、すでに開閉
する度に、金具の周囲の革が伸びてきています。


これじゃいかんと、年末年始に実家に帰った時、裁縫好きの母の備品の中から、スエードやボンド
などを拝借し外科的手術を行いました。
開腹してみなければわからない、という、まるで重症の患者のようです。

札入れ部の内側をL字に切り開き、中を見てみると、カシメの金具は見えず、意味のない布が一枚
あてられています。普通、せめてこの布を一緒に金具で留めるやろ!
その布の中心部をプラスに切り開くと、やっとカシメ金具の裏が見えました。

作業しづらいことこの上なく、こうなったら、カシメ金具が取り付けられている革の裏側にスエードを
貼り、さらに、あてられている布までボンドで貼ることにより、金具のまわりの革を補強し、スエードの
厚みによって、カシメを沈ませ安定感を図ることにしました。確かそうしたはず。

記事を書いていて自分でも訳がわからなくなってきましたが、どうにかこうにか、財布の開閉にも
差し障りのない使用感がもたらされました。



このデザイナーの製品は、日本にもいろいろ輸入されているけど、この財布に限っては、絶対日本の
商品基準を満たさないから、バイヤーは買いつけしないでしょう。

うまくいったからいいものの、世話の焼ける買い物だよ・・・[ふらふら]
nice!(6)  コメント(9) 
共通テーマ:日記・雑感

扇子入れ [手しごと]

熊野詣記事の途中ですが、先週、那須高原の温泉へ出かけたお話を。


宿で一泊した翌日、ちょっと歩いてみようということに。

トレッキングブームなんですね。

山登り用の衣装、フル装備のおじさまおばさま方に紛れ、かろうじてトレッキングシューズを履いた、タウン着の私たち。

必要なのか?登山カードを記入し、ロープウェイに乗り込み、1915mの茶臼岳に登りました。


霧と言うか、ミストシャワーというか、視界は10m。

ポケットカッパをはおり、日本手ぬぐいをほっかむりして、登った山頂近くは、溶岩の岩肌。
硫黄臭も立ち込めています。

ほんのハイキングのつもりが、両手をついて山を登る有様。後ろから登ってくる人もいない・・・。


そして那須湯本まで歩いて降りました。

なんだったんだろう、あのハイキングは?


そんなこんなで、やっと家でゆっくりの日曜日、扇子の入れ物を作りました。

暑がりの私、朝の地下鉄の駅で、すでに汗です。

扇子 001.JPG渋い、朝顔ととんぼ

扇子 003.JPG古布は絞り

扇子 005.JPG中も古布だよ

表が渋いだけに、中はピンクの縮緬。
外地がすごくもろいので、接着芯と当て布で補強しました。


筋肉痛のふくらはぎをさすりながら、

とってもいいのができて、ゴキゲン!

nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

なっがーいマフラー [手しごと]

細くて長いマフラーをモヘアの毛糸で編んでいます。

棒針は10ミリ。糸はイタリア製で2個千円強。

表編み、返して裏編みと、えんえんと編むのである。

 どこまで編むねん!

端がくるっと丸まってきて、思惑通りの仕上がり。

ふわふわで長ーくてきれいな色のマフラーが欲しかったんです。

GAPで買った襟の大きく開いたボーダーTシャツの首にぐるぐる巻こう。

こんなに簡単なのに、お店で見ると14800円とかするんだよ。

色違いであと2本は編むぞ。青と白にするかな?


nice!(13)  コメント(24) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

基礎代謝高め [手しごと]

私、基礎代謝は高い気がします。

もちろん暑がり。冷え症とは無縁です。

真冬でも家でお昼ご飯を食べているとたちまち暑くなり、必ず上着を脱ぎます。天気の良い日なら食事中は部屋中の窓を全開にします。熱いお汁ものなどだとTシャツ1枚になることもしばしば。

そんな基礎代謝高めの私ですが、「ここまでとは」、と驚くことが何度かありました。

それは15年ぶりに編み物をしていて、編み目をざっくり落としてしまった時や、かなり編んだ模様がずれているのに気づいた時のことです。

「うわーっ!」と焦ったと同時にカーッっと汗ばみ、背中が熱々。急いで上着を脱ぎ、

「どんだけ基礎代謝高いねんッ!」

と、ひとりつっこみしながら、慌てて編み目を拾ったり解いたり・・・。

 

つれあいのための編み込みの手袋、片方を編み終え、もう片方の仕上げ段階、指の部分を編んでいました。手を入れて眺めていると、

あれ?

また右側?

この時はさすがの私も汗ばむのを通り越して寒気に襲われました(T▽T)。

 

 2ペア分は編んだ

 もう春だよ!


nice!(11)  コメント(22) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | - 手しごと ブログトップ