So-net無料ブログ作成
検索選択
お気に入り ブログトップ
前の10件 | -

買うならここだ! [お気に入り]

只見線の旅の途中、福島県三島町の工芸館に行きました。

この工芸館では年に一度、6月に大規模な工芸品展が催されるのですが、訪れた3連休にも
偶然、工芸品の展示会が開催されているのを知りました。ラッキー[ぴかぴか(新しい)]

DSCN7639.JPGDSCN7640.JPG
全国からの出展に加え、敷地内の別棟で三島町の工芸品展も同時開催


東北を中心に、地元の材料で編まれた垂涎のカゴやバッグが、所狭しと並びます。

IMG_0265.JPGありとあらゆる自然素材の作品が並ぶ
IMG_0271.JPGIMG_0268.JPG


東京のデパートで買うのと比べて、安い!!!
日本産の材料の確かな品物で、たとえば山ぶどうの蔓のバッグだと、一番シンプルな
ものが東京のデパートでは8万円は下らないところ、3万円代であります。
花編みなどの凝ったものでも最高価格が20万円以内。

デパートでは、いくつもの中間業者が入って出店量も加わり、倍近くの値段になって
いるのかもね。
そういう業者対策のためか、購入数が制限されています。悪いやつたち!

微笑ましいのは、おじさんたちが写真を撮ったり熱心に観察していること。
ご自分でも編んでいて、作品の参考にするのでしょう。

展示品の中には、自治体やTV局などのいろいろな組織から賞を貰っている作品もあり、
購入も可能。それらはさすがに売約済みが多く、お値段もなかなかのもの。


そういうわけで、山ぶどうの蔓のバッグを買うならここです!
こういうところを探していたんです!もっと早く知っていれば!

IMG_0266.JPG気になった一品3万円代

非常に手ごろで魅力的な品をいくつも手に取りましたが、既に一つ持っているし、
お金の使い方も考えなければいけない時期に差し掛かっているわたくし、断腸の思い
で工芸館を去りました。
これだ、というのがあったら買っていたかもしれないけど・・・。

時間もあるし、山ぶどうの蔓で花編みストラップの体験製作(700円)、つれあいは
ヒロロを編んだコースター製作に参加。どんだけ安上がりやねん

DSCN7644.JPGDSCN7641.JPG
帰って来てから早速付けてみる。つれあいはヒロロをなう時点からまったくできず、おばあちゃん先生に作ってもらう。(キレイな作品に仕上がり、かえってよかったよ)

あちこち旅をしているけど、こんな経験は初めて!すごく有意義で楽しかった。
田舎で蕎麦を打ったり餅つきしたり、太鼓をたたいたりする体験がインバウンドの旅行客
に人気なのもうなづけます。
nice!(9)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

キャンドルというより、ろうそく [お気に入り]

ろうそくの熱ってけっこうなものです。

寒い冬こそ、ろうそくを灯しながらお酒をいただこう。



IMG_4243.JPGプリンスってご存知?



今年の夏は、念願のバスク地方に行くことになりそう。

こんなに寒いのに、随分先の夏のことを考えるなんて、余計歳をとるのを早く感じるんだよ。
nice!(7)  コメント(12) 
共通テーマ:日記・雑感

超・正統派キャラ [お気に入り]

ゆるキャラが溢れかえる昨今、こんなのが登場すると、やっぱり違うな、って思ってしまう。
ライセンス料、いくら払っているんだろう・・・。


IMG_1909.JPGしっぽは丸じゃないね

IMG_1905.JPG黄色にすると、野球チームになっちゃうもんね

去年、関西に住む姪っ子たちに、「白いドラえもん、知ってる?」
って、写真を見せてあげたら、すごく驚いていた。
東京の、一施設のキャラクターだから、意外と知名度は低いようだ。

トラノモンヒルズ.jpg会社の近所だけど初めて来た


ところで、虎ノ門ヒルズとは、どんなところだったかと言うと、
アンダーズ東京という、日本初進出のハイアット系高級ホテルが入っており、立地は4駅
使えるものの地下鉄駅からそれぞれ5分以上と、アクセスはいいとは言えない。
観光客は、特に見るところもないので、下層階の比較的リーズナブルなカフェやレストラン、
敷地内に点在するベンチに座って、時間をつぶしている。

私たちはお茶すらもせず、そそくさと立ち去ったが、近所に、杉田玄白のお墓があるお寺
があったのは、発見であった。

nice!(7)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

2015年カレンダー [お気に入り]

会社に集まるものをもらうので、新しい年のカレンダーを買うことは少ない私ですが、
これは新調いたしました。

DSCN6143.JPG東京メトロ・ネットワークカレンダー350円

貼る場所は、ごめんあそばせ、おトイレット。
ド正面にこれを見ながら、じっと座るわけでございます。

DSCN6146.JPG東京駅も100周年

実は今まで貼っていたのも東京メトロ・カレンダー。
なんと、カレンダー部分を取り除き、5年くらい貼っていました。

そのうちまた、山手線に新しい駅ができたり、築地市場が移転したり、オリンピックに向けても、
東京は大きく変化しそう。


おトイレットにはもうひとつ、つれあいの、可愛い猫ばかりでない、週めくり猫カレンダー。

ネコカレンダー.jpgこれはまだ可愛い方、ラスト2ページ
nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

カラフルなノルウェーの新聞 [お気に入り]

ベルゲンからコペンハーゲン経由で日本に帰るとき、飛行機の入り口に置いてある新聞を
頂戴しました。

もちろん、例によって、挨拶すら覚えていないノルウェー語、内容はわかりません。
北欧は、英語を話すことができる人の割合が、世界でもっとも多いらしいので・・・。


新聞には、なぜか数独(日本人が考案した数字のパズル:世界的に普及)の問題がびっしり
ありましたので、フライトの間の時間つぶしに、とうとう日本まで持ち帰りました。

DSCN6132.JPG日本の新聞より小さいサイズ

数独の合間にパラパラと見ると、ノルウェーの新聞、とってもカラフル。
カラー写真が多く、手に取った時から、ピンときました。

スーパーで買い物をしたときは袋も有料でしょう。
実際はそうでもなかったけど、いつも辞退していました。
なにせ、北欧ですよ。世界で一番エコ推進、リサイクル、自己責任の国々じゃない?
もらえたとしても、包み文化の日本と違って、気の効いた大きさの小袋なんてなく、中身と比例
しない大味のビニール袋。まあ、総じてデザインは素敵なんだけどね。


帰ってから、その新聞で、小さなお土産を入れるための袋をせっせと作りました。

DSCN6134.JPG在庫がなくなるとまた作る

ミカンを入れたり、ポット苗をくるんでリボンを巻いたり、
けっこうなページ数なので、当分は材料に不自由しません♪
nice!(8)  コメント(13) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

サイクロンが限界 [お気に入り]

花粉の季節です(つれあいは、デビュー、私は、花粉症再発と思いきや、インフルエンザ!)。

それが引き金になったというほどでもありませんが、消費税も上がるし、掃除機を新調しました。
今のサイクロン掃除機は、もう13年[がく~(落胆した顔)]も使っており、買った当時と比べて、掃除をしても、
すぐにほこりが出てきます。フィルターやカップをこまめに洗っても、おそらく、吸い込みパワー自体
が限界に来ているのでしょう。


わたくし、どうしても、掃除機は、犬の散歩タイプのものは嫌なんです。
フットワークが悪いということが、最大の原因ですが、あれを引っ張りながら掃除するっていう
のに、どうも抵抗があります。
実家で、掃除機の本体を手に持って掃除していたら、笑われましたけども。
ま、狭い我が家を掃除するのに、立派な掃除機は要らないというのもあります。


3年くらい前から、新しい掃除機をチェックはしていました。
ダイソンのスタンドタイプは、すごく値段が高い割りに、安っぽい気がして、収納ホルダーを
壁面に固定するというのも、賃貸の我が家では制限がありました。
ダイソン以外は、うんと価格帯が下がり、メイン掃除機としては役不足なような感じのもの
ばかり。それに、なんと言っても家電は日本製でないと。

DSCN4765.JPGDSCN4764.JPG
重量感はありますが、ノズルが取れたり、多機能。収納もすっきり

いいのを見つけました。東芝トルネオコードレスV。
満を持しての発売でしょうから、バッテリー能力は特に進化しているようです。
吸引力はダイソンに負けるらしいけど、砂を吸い込む必要がありませんので、問題ないかと
思います。
nice!(4)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感

イタリアから四国へ [お気に入り]

冬の朝は、ミルクティーです。
電子レンジでミルクを温めて、濃いめの紅茶を注ぐ。
リチャードジノリのベッキオホワイトの大き目のマグカップは、カーブと白い肌に、ミルクティー
がピッタリでございました。

ところが、いつものそそっかしさから、ひとつ割ってしまいました。
金継ぎもできないほどに。
なにせ、ミルクをチンしますから、電磁波で金継ぎ部分が焼けてしまいます。

”ミルクティー”な感じの優しい丸味と、電子レンジにも耐えるタフなボディー。
たっぷりの容量に、信頼のできる生産国。


見つけました。


砥部焼 001.jpg

かつて、訪れたことのある四国は愛媛県にある焼き物の里。
タフさで知られる砥部焼のマグ。
電子レンジもどってことありません。

割にお高い3600円はヤ○ダ電機で買ったジノリと同じくらいのお値段です。
ほっこり温かみのある、長く使えそうなマグカップです。


ちなみに、リチャード・ジノリ窯は、経営が破綻してしまったそうです。 ウエッジ・ウッドと言い、日本でも人気の器の会社なのに、残念です。 どこかの会社が引き継ぐらしいけど、なんとなく寂しいです。
nice!(8)  コメント(13) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

木のお皿 [お気に入り]

平日朝ごはんは、トーストです。

トーストはカリッとしてて、噛むともっちり。関西人は厚めの5枚切りが好みです。

TVか何かで、木のお皿に乗せると、木が適度な水分を吸収し、トーストがいつまでも
カリッと食べられるというのを見ました。
その後、あちこちで木のお皿を探しましたが、形や大きさ、お値段(屋久杉のは高かった)
を考慮すると、なかなかいいのがない。お、MUJIでいいの発見。

陀羅尼助 007.jpg木目いろいろ

効果のほどはと言いますと、劇的にカリっとしたままとはいきません。
無垢材で、表面にニスは塗られているようですが、ツルツルでもない。
陶器と比べたら、ある程度湿気は吸っているようです。
毎朝の使用には、軽くて扱いも楽なので、まずまず満足。

陀羅尼助 010.jpg今日はペックのアングレーゼ
nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

水玉の人【maillot blanc à pois rouges】 [お気に入り]

例によって、日本ではいまひとつ話題にならなかったツール・ド・フランス、しつこくもうひとつ。

100回記念の本大会、コルシカ島から始まって、パリのゴールまで、世界最大の自転車レース
が行われる舞台は、息をのむほど美しかった。

歴史あるツール・ド・フランスは、奥が深すぎて話が長くなりますので、ちょっと気になることだけ。
それでも、ある程度の説明は必要なのだけど。

全部で21ステージ、各・ステージと総合優勝者は、黄色いジャージを着せてもらえます。
これが一等賞。その他、新人賞は、白いジャージ、タイム賞は緑のジャージなど。

さて、いつも気になるのが、その中で、山岳賞受賞者が着る、マイヨ・ブラン・ア・ポア・ルージュ。
その名の通り、白地に赤の水玉模様のジャージです。
写真隣のマイヨ・ジョーヌのボトムスは黒なのに、水玉は上着だけでなく、パンツも水玉、つまり、
全身水玉(かろうじて、半袖・ズボン)。
大真面目に競技する、長身スタイル抜群のアスリートが、全身赤の水玉って・・・。

マイヨブランアポアルージュ 012.jpg弥生さんも気になってる?

急な山道を制覇した者に与えられる、名誉あるジャージなのだけど、心なしか、水玉のジャージを
着て表彰台に立つ選手は、きまりが悪そうなのは、気のせいか?

そういうわけで、今年の総合マイヨ・ブラン・ポア・ルージュは、先だってのペルーを思い出させる
お顔のコロンビア人、キンタナさんが受賞しました(新人賞も)。

みなさん、景色を見るだけでも楽しいから、来年はチェックしてみてくださいね。
nice!(3)  コメント(5) 
共通テーマ:自動車

渋い小物 [お気に入り]

六本木にある、東京ミッドタウンの3階に、日本の物を扱うお店があるんです。
外国の人がお土産を探すのにもってこいな、日本製品見本市って感じで、主に工芸品や家具、
食器、食品など、素敵なものがいっぱい。
そこで先日、見つけた印伝の印鑑入れ。

印鑑入れ 001.jpg私のは花唐草模様

印鑑入れ 004.jpg朱肉のチャーム付き♪

何とお値段、1260円!鹿皮ですよ!
思わず2個買っちゃった。姉にあげよう。
nice!(3)  コメント(3) 
共通テーマ:インテリア・雑貨
前の10件 | - お気に入り ブログトップ