So-net無料ブログ作成
検索選択

タリン街歩き~前編 [旅 外国]

夏の時期、バルト三国と日本の時差は、たった6時間。
フライトも往路10時間、復路9時間と、短めのせいか、わりあいよく眠れました。

少しパラパラと雨が降っていますが、この季節、バルト海沿岸は雨が多いそう。
それより、とっても寒い!あらかじめ分かってはいたけど、日本の3月末くらいか?

早めに起きて、ホテルの8時からの朝食にはまだ早いので、駅のキオスクで朝ごはんを
採る。コーヒー2つにパニーニで、800円くらいだったかな。物価、けっこう高いです。
ショーケースのパニーニは焼いてくれるのかな、と思ったら、冷たいまま。
せめてチンしてくださいよ。サービスも悪い。

DSCN7697.JPGヘルシンキその他国際航路が発着する

まずは港に行ってみよう。
港の周りには、市場やショッピングセンター、土産物屋が並んでいます。

DSCN7693.JPGDSCN7692.JPG
DSCN7695.JPGオレンジジュース生絞り自販機、一杯1.4ユーロ

市場の一角で、オレンジジュースの自販機が気になって飲んでみる。
モロッコやギリシャで飲んだような味、とは、いきませんでした。



市場では、ロシア人の店が多いらしく、写真は遠慮しないといけないのに、うっかり
カメラを構えて、おじさんに怒られました。
バルト三国の人々はお互いの言語より、ロシア語の方が理解できるらしい。
良くも悪くも、ロシアの影響が大きいのです。

DSCN7702.JPG港からタリン旧市街へ
DSCN7707.JPG雨に濡れる石畳って、きれいです

まだ早い時間なので、お店もオープン前。しかし、お店は10時や11時オープンのところ
が多く、暑い国じゃないのに、スタートが遅いのが不思議。

いろいろな細い道を歩いた後は、歴史博物館に入りました。

DSCN7710.JPGDSCN7709.JPG
DSCN7714.JPG手の込んだ細工のかぶり物はお姫様の冠かしら?

DSCN7725.JPGIMG_0943.JPG

城壁に登ったり、歴史あるカフェでお茶したり、お土産物屋さんをのぞいたり。
カフェではコーヒーとエスプレッソ・ダブル、一番甘くなさそうなお菓子を一つ。
柑橘風味のクリームが入ったパフ・クレームは、シュークリームとは似て非なるもの
でした。

IMG_0949.JPGIMG_0956.JPG

そうそう、民族衣装のスカートを買う気満々だった私。
本物の民族衣装を扱うお店は少なく、あっても小物やおみやげ物に加工されています。
そして、やっと見つけたスカート(下の写真のようなね)は、生地の厚みがかなりあって、
日本で着るには重すぎる。

IMG_0960.JPG大きなお祭り(歌の祭典)が開催中だった

この織物のクッションカバーが可愛かったのだけど、決め手に欠けて迷っているうちに、
別の支店に行ったら既に閉店時間に!ああ、痛恨。
けっこういいお値段だったから、日本でもあまり変わらない値段で買えるかも…。


DSCN7738.JPGトラムは近代的
DSCN7737.JPG表示も分かりやすい

トラムに乗って、郊外のカドリオルグ宮殿に出かけました。
パスを購入するまでもなかったので、一回乗車ひとり2ユーロはちょっと高い。
運転手の後ろの料金ポケットに、カランと硬貨を入れると、停車時に切符やお釣りを
入れて戻してくれます。ここはアナログ。

DSCN7736.JPGDSCN7735.JPG

ちょっと間延びした日本庭園も!

郊外は緑がいっぱい。
5年に一度あるエストニアの歌の祭典の予備軍なのか、学生の歌の祭典があり、ステキな
民族衣装をまとった老若男女が会場を後にしていました。
いろいろな民族衣装が見られて、すごくよかった!
nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

nice! 6

コメント 7

ビアンカ

>はじドラさん、tochiさん、nice!ありがとうございます!
by ビアンカ (2017-07-27 19:36) 

knacke

スカートが残念。
比較的遅くまで開いている日本とは違って、閉店が早いですものね。
このスカートが重いって、知りませんでした。
トラムがピカピカでびっくりです。
うぅ、乗れば良かったかな。
街中を離れて郊外へ行くのって、やっぱり楽しいですね。
この先のお話も楽しみ!

私が行った時には工事中だったところが、完成していたとは!
思っていた以上に、仕事が早いと、思いました。(笑
完成形を見るのも含めて、また行きたいです。
by knacke (2017-07-28 07:46)
by knacke (2017-07-28 08:05) 

ビアンカ

>knackeさん、色々なことが、そうなのよ~。
駅裏、すごく洗練されたショッピングセンター(市場)になっていて、
建物内はお肉や魚など、屋根のある敷地内はお野菜やカラフルな果物
を売るマルシェな感じ。パン屋さんやカフェなども入っていました。
私の返金の一件もそうだけど、エストニア人は仕事が早いのか?!
でも、ちょっと外れると、まさに駅裏なんだけどね。

スカート、分厚くって長くって、ウエストあたりもゴワゴワしてました。
子供用のも見たのだけど、色はシックな方がいいので・・・( ˘ω˘ )。
変わりつつあるタリン、また行かなくちゃね!
nice!&コメント、ありがとうございます♬
by ビアンカ (2017-07-28 17:49) 

SAMEDI

オレンジジュースの生絞り自販機、ぜひ日本にも導入してほしいわぁ。
街並みがきれいですね。落ち着いた色合いがいい。
スカート!楽しみにされてたのに残念でしたね。やはり、民族衣装的に素朴な作りなのかしら?
by SAMEDI (2017-08-01 00:37) 

ビアンカ

>MERRYさん、nice!ありがとうございます!
by ビアンカ (2017-08-01 21:49) 

ビアンカ

>SAMEDIさん、オレンジジュースの自販機、バカでかいです!
そして、メンテナンス(皮の掃除)も大変なことでしょう。

スカートね、本物の民族衣装なので、ウエスト周りとかゴワゴワな感じ。
TOPSはコットンレースみたいなふわっとしたブラウスや、編みこみ
セーターしか合わないかも( ˘ω˘ )。
夢見るおばさんの体になり、日本では浮くと思う・・・。
nice!&コメント、ありがとうございます♬
by ビアンカ (2017-08-01 21:54) 

ビアンカ

>マルコメさん、nice!ありがとうございます!
by ビアンカ (2017-08-06 15:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。