So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ウーロンハイ持ち込み作戦 [旅 外国]

前回の台北旅以来目論んでいた、”ウーロンハイ持ち込み作戦”、実践してまいりました。

台湾の飲食店は、ビールしか置いていないところが多い。
屋台などはビールすら置いていないところがほとんど。
ちょっとしたレストランでは、ビール以外も置いていますが、なぜか甘いお酒が多い。
持ち込みには寛容なので、コンビニでチューハイなどを買って行くのですが、その
ラインナップも甘いものばかり。

せっかくの美味しいお料理なのだから、甘くないお酒と一緒に楽しみたい。


IMG_0534.JPG食べ物は充実しているのだけど


焼酎金宮90ccパックなら、ジップロックに入れて機内持ち込みできます。
今回、試験的に5パックを台湾旅に持参しました。

初日の高雄で、海鮮居酒屋に行く前、コンビニで烏龍茶を購入。
公園のベンチで金宮焼酎とブレンドしようとしたら、烏龍茶が砂糖入りだった!!!
また違うコンビニで今度こそ無糖の烏龍茶1リットルを購入。

緑茶のペットボトルを洗っていたので、そこに調合。
まずは90cc×2袋でウーロンハイを調合し、海鮮居酒屋に持ち込みました。
まずまず、この作戦は成功とみてよいでしょう。



他のお客さんは何を飲んでいるのだろう?
ちらっと見ると、ビールの他に日本酒を飲んでいる!飲む人は飲むんだね。もしかして、
日本人か?しかし、海鮮中華に日本酒とは、ちょっと気持ちが悪い。


観察をしながらも、死角で追加調合。

IMG_0509.JPGこんな人いる?



次回は、あらかじめ、ホテルで調合するつもりです。
それ以前に、往路のデューティーフリーで、売っているかは分かりませんが、プレーン
な焼酎のボトルを買いたいです。
nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ストレスを力に? [映画・本]

とうの昔に話題になった、「スタンフォードのストレスを力に変える教科書」という本
を、いまさら読みました。

DSCN7649.JPGスタンフォード大シリーズの第2弾らしい

内容に半信半疑なので、ハードカバーを購入するまでもなく、図書館で予約しましたが、
半年?1年近く?待ち状態。やっと順番が回ってきたと思ったら、長期の旅行に出て読み
きれずに返却。
つかみ的にはよさそうだったので、また懲りずに予約して、トータル2年くらいかかった
でしょうか・・・。


ストレスだらけの世の中、確かに、ストレスは寿命を縮める要因と認識していました。
ストレスは免疫力を低下させる、免疫力が低下すると病気に付け込まれる、ガンになる、
死に至る・・・。

メニエール病で通院していた時、薬ばっかり処方する私立大学病院の無責任な医者は、
「小難しいことを考えずに、ストレスのない生活を心がけてくださいね。」
「小難しいこと」!?、患者に、しかも年上に面と向かって言う言葉か?と、
毎回言ってたけど、ストレスの原因になるすべてから解放されることなんで無理と
いうもの。



”ストレスを力に変える!?!”

免疫力を低下させる存在でなくなるだけでなく、そのストレスが、力に?!


中にか書かれていたことは、

”ストレスから目を背けず、原因を明確にし対策を練る”【そのままよりは不安は減る】
 → これは実践してる。

”ストレスはよい効果をもたらすこともある”【競争によってより良い結果をもたらす】
 → これも分かる。

要は、心の持ちようである、ということか。

しかし、

”人助けは喜びを生み、ストレスが健康へ害を与えるのを防ぐ”

という一節。


なんですと!?

人のために費やす努力は、自分に幸せをもたらす、と?


世の中のボランティアを一所懸命する人々を、ただ「偉いな~、私にはできないな。」、
里親になり、何人もの身寄りのない子供を巣立たせるあの立派なご夫婦は、「仏様の
生まれ変わりなんだ。」、と、思っていた・・・。

人のために何かをすることは、自分のことをする以上に喜びや満足感がもたらされる、
というのなら、つまらない価値観にがんじがらめになっている私などはどうなるの?
ほとんど自分や身内のためだけにしか時間やお金を費やしたことのない私が、人助け
で喜びを見いだすことができる!?



私の場合、色々な経験から、ストレスをなくすため編み出した答えは、

期待しないこと

でした。
すべてのことは、「まあ、こんなもんか。」というスタンスで、まずまずの効果を
得ていると喜んでいたけど、今考えると非常に受け身で利己的。

そんな私に、ストレスを力にする他己的な方法を教えてくれたこの本。
何年も待って読んだかいがありました。買いなさいよ

nice!(6)  コメント(3) 
共通テーマ:

港町高雄 [旅 外国]

2度目の高雄、今回は海辺の方に行ってみました。

むかし高雄は、哈瑪星(ハマセン)と呼ばれるエリアの、旧・高雄駅を中心に発展して
いたそう。

IMG_0503.JPG車でも渡れます

フェリーに乗って、旗津(チージン)半島へ。ラッシュアワーにはまだ早いと思った
けど、半島へ行くのも、半島から戻るのもすごい人とバイク。往来の激しい所のようです。

IMG_0500.JPGIMG_0504.JPG
悠遊カードで乗船可能、バイク用の吊り皮って初めて見た

旗津半島内は、通りに早くも屋台が並びます。海鮮料理のお店もあり、呼び込みも
かまびすしい。

IMG_0505.JPGむかし食べたな、ウズラ卵焼き



また満員のフェリーで戻り、旧・高雄駅につながる広い廃線跡を越えて、目指すは
海鮮居酒屋のあるエリアへ。

IMG_0506.JPGIMG_0507.JPG

なんかねー、値段が書かれていないのと、魚介の種類が少ないのとで、台北の海鮮
居酒屋で食べるより難易度が高かった。

信じられない量の料理を片っ端から平らげる4人家族や、二人連れなのに、私たちの
3倍ほどオーダーする人たちを傍目に、エビの蒸し物、ハマグリの炒め物、日本人と
見ると必ず勧める空心菜炒めを食べて、ビールを一本。
一軒目はこれくらいにし、街中散策がてらホテルまで歩きました。


高雄の夜市は六合夜市が有名だけど、前に行ったし、行きたかったマイナーな方の
夜市は月曜日はお休み。

ホテルに戻ると、なんと!お夜食サービスが始まっています。
台北以外の地方都市のエコノミーホテルにはこういうお夜食サービス付きのホテルが
多いみたい。

IMG_0510.JPGIMG_0511.JPG
IMG_0512.JPGここで名物屋台料理をいただけた

各種、量を調整、カスタムメイドで麺をいただいて、すっかりお腹いっぱい。

nice!(6)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

悠遊カードは必携 [旅 外国]

台湾に滞在するなら、必ず悠遊カードというのをゲットしましょう。
駅の自動販売機や窓口で購入できます。

DSCN7680.JPGカードのデザインはいろいろ

私たちは去年台湾に行ったときに、初めて買いました。
2年使用しないと使えなくなるそうだけど、再度チャージすると、また使えるとのこと。

なにせ、このカード、MRTやバスの他に、JRのような存在の台鉄(座席指定不可)でも
高速バスでも使えます。
台湾は公共交通機関の料金が異常に安く、悠遊カード利用だとさらに割引になります。
タクシーも安いけど、地方都市はバスの路線がシンプルだから、分かりやすい。
コンビニでの買い物もスタバでも使えるし、チャージも乱立するセブンイレブンで可能。


MRT乗車時に残額が1元でもあったら1回は乗車でき、改札から出る時も、清算の必要
がありません。不足分はカード自体の100元が担保になるのか?
なんともおおらかなシステム。

地方都市でも、利用環境がようやく整い、高雄、台南、台中で問題なく使えました。

ほとんどタクシー利用という人は要らないかもしれないけど、女性の一人旅では
夜間のタクシーは怖いので、その際にも便利かと思います。



IMG_0516.JPG高雄で蓮池潭に向かいます

IMG_0523.JPG<訂正>龍から入って虎から出る


今回は、高雄でのMRTとバスとフェリー、高雄から台南への鉄道(台鉄)、台南での
バス、(台南から台中の鉄道は座席指定したかったので未使用)、台中でのバス
(新光三越と台中駅間を3往復した)、コンビニで飲み物を買ったりと、以上で
ひとりあたり約300元(約1200円)ほど。


まだチャージ金額が残っているから、次回の台湾訪問に忘れないで持って行こう。

nice!(8)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

高雄からスタート [旅 外国]

ゴールデンウィーク帰省をからめて、後半は関西空港から台湾・高雄にひとっ飛び。
前回は、台湾一周鉄道の旅の際、一泊しただけの高雄は2度目の訪問です。

いいタイムテーブルがあったので、LCCのピーチアビエーションを利用しましたが、
普通の座席ピッチはそんなに狭くなかったのが意外だった。
相変わらず国際線のLCCは、キャビンアテンダントのみなさんがとってもフレンドリー
で若々しい。
復路は、台北・桃園空港から成田行きのバニラエアを利用予定。
往復違う路線、エアラインを使えるというのもLCCの手軽さです。


高雄空港から中心部へのアクセスは、MRT(地下鉄)でとても便利です。
翌日の移動が鉄道利用なので、ホテルは高雄駅すぐのカインドネスホテルという、
こじんまりとしたホテルを予約しました。
台鉄/MRT高雄駅を下車して、駅から出たら、ホテルは驚くほど近かった。

IMG_0513.JPG移築された旧・高雄駅駅舎が目の前

関空が11:00発で、高雄到着が13:15。
機内の食事サービスがありませんので、まずはなにか食べに行こう。

MRT美麗島のガイドブックに載っていた屋台料理が集まるエリアへ行って、お目当て
ハマグリのスープは売れきれだったけど、ルーロー飯とお肉のスープを食べました。

どの店にオーダーすればいいのか要領が分からず、食べている男の子に質問したら、
彼らは日本人で関西人。
「僕らもよう分かりませんけど、これはあのお店で買うみたいです。」

FullSizeRender.jpgお肉はトロトロ、スープはコクがある!

ふたつで320円。晩御飯があるから、抑え目に。
今回も、関西人同士、なにかと外国で助け合っています。
nice!(7)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

ギックリ腰 [気になること]

25歳の時を最初に、先日、人生でおそらく3度目か4度目のギックリ腰を、また
やらかしてしまいました。

ギックリ腰には、年齢は関係ないと言うけど、胃腸が弱っているときに起こりやすい
というのは本当でしょうか?

弱った状態の内臓を守るために、その周りの筋肉が緊張状態にある。そんな時、
ギックリ腰になりやすいとのこと。
そういえば、会社の友達も、整体の先生に言われた、って、言ってたな。

わたくし、4月アタマから、飲み会などで食べ過ぎて具合が悪い状態が続いていました。
やっぱりそうなのか・・・。


一昔前は絶対安静と言われたのが、動けるのならストレッチをした方がいいと言う。
数年前のギックリ腰の時は、10段階の3くらいだったので、回復を早めるべく
仰向けに寝て、揃えたひざを90度に曲げ、左右にゆっくり倒すというストレッチ
をやりました。

今回は10段階で4~5くらい。まあまあキツイけど、まずはストレッチ。
そして、あとはつれあいが数年前腰痛の時に病院で貰ったコルセットを常時装着。
これは、不安定な腰を支えてくれ、痛みも和らぎ大変役立ちました。

旅行前にギックリ腰になったつれあいもフライト中、このコルセットで乗り切った
ことがあります。夫婦兼用で結構使っています。もう元とった!

DSCN7675.JPGかなり楽です

症状はかなりよくなったので、コルセットはお片付け。
もうこりごりなので、食べ過ぎないよう充分気を付けたいと思います。
nice!(6)  コメント(10) 
共通テーマ:健康

白いサボ [身だしなみ]

白い皮のサボ。
かなり前のバーゲン時期でもないある日、ひょこっと半額になっているのを目ざとく
見つけ、確か1万円弱で購入。
これが非常に使えるんです。

ワイドパンツに合わせても、ロングスカートに合わせても、足元がサボだと、ちょっと
今風な面白さが加わります。

足元にボリュームを持ってくると、バランスもよい。
シンプルなコーディネートに、カラフルなソックスを合わせても年中大活躍。

DSCN7664.JPGシルバーラメは出番多し
DSCN7668.JPG派手めも面白い
DSCN7666.JPG青はデニムに


汚れたときは、クリーナーでマメに拭く。
真冬でもアクセントになる、白というのがポイントです。
nice!(7)  コメント(10) 
共通テーマ:ファッション

蕾と種まき [ウチの植物たち]

いいお天気なので、思い立って、弟からもらったパクチーの種を撒きました。

DSCN7650.JPGパクチーはうまくいった記憶アリ

今度は雨垂れが落ちない範囲に。
そして野良猫にやられないようにカバーをして、楽しみに待ちます。

DSCN7651.JPG芽が出たら次の対策へ

うまくいったらルッコラも撒くことにしましょう。


今年の冬は雪が積もらなかったので、モッコウバラの余分な葉が一掃されません
でした。
蕾はたっぷり。

DSCN7654.JPG満開はゴールデンウィーク
DSCN7662.JPGポツポツ咲いています

「もうすぐ咲くねー。あとちょっと!」
と、通りがかりのご近所の人が話しているのを聞くと、嬉しくなります。


nice!(8)  コメント(11) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

関空から近いので [旅 外国]

ゴールデンウィーク初日、母の三回忌と祖母の七回忌の法要のために実家に帰省します。
亡くなって2年めは三回忌と言うんですね。



残りの休日をどうしようか、久しぶりに九州にでも行くか。いや、せっかくのまとまった
日数なのだし、関西まで来ているのだから、より近い台湾に行こう。今度は台南へ。
関西国際空港から高雄までは、東京から高雄まで、より1時間半もフライト時間が短いん
です。

DSCN7456.JPGDSCN7516.JPG
今回は鉄道より街歩き中心            これは太魯閣(タロコ)号かな


3泊して4泊目は機内泊の、往復違うLCC利用というタフな行程。
東京に早朝着いてもまだ2日以上の休日を残しているから、そこで回復を計る、と。

9月に台北に行ってあまりの暑さに辟易して以来、冬しか行かないことにした台湾。
5月アタマはどうだろう。それに台湾南部はさらに暑いと思われる。

衣替えにはまだ早いというのに、夏服や水着を出さねば。
駆け足でしか回ったことがないので、ちょっとゆっくり台南を見てきます。
nice!(6)  コメント(6) 
共通テーマ:日記・雑感

老いたババアの心 [気になること]

只見線の旅での出来事。

福島県三島町の編み組み工芸品展で、体験コーナーの受付をしているスタッフの
女の子に、旅の荷物が入ったボストンバッグを預かってもらった。半ばちょっと強引に。

そして、手作り体験の申し込みや駅までのシャトルバスの事、お昼ご飯のお店のこと
など、いろいろお願いしたり、質問したり。

地元出身の方?
と、訊くと、
出身は青森で、埼玉の大学に通っていた、
とのこと。

まだ23歳なのに、初めて就いた仕事が、こんな(ド)田舎の観光協会のスタッフなんて、
ちょっと変わっている。ある意味芯がしっかりしているのかも。
青森の大自然の中で育ったから、大学時代に首都圏にいて、
”このまま東京で働くなんて無理”、
って思ったのだろうか?

ゆとり世代は、収入や成功より、人生の質を重視するらしい。ま、価値観は人それぞれ
だけど。

お昼過ぎ、次の目的地に向かうため、荷物をピックアップしに行ったら、お昼休みで
彼女はいなかった。
お座敷の隅にぽつんと置かれていた荷物がなくなっていると、心配するといけないから、
チラシの裏に、
”ありがとう、お仕事頑張って”
と、走り書きして残した。


駅に向かうシャトルバスに乗り込んで出発を待っていたら、彼女が走ってきた。
広い敷地の駐車場の一番端まで。

特に仲良くなったという印象もなかった言葉数の少ない女の子は、ただ、私の残した
メッセージを見て来てくれたという。
気の利いたことを話すわけでもなく、立っているだけの女の子。

ああ、誠実な子なんだ。



私の半分以下しか生きていない彼女は、この先、違う仕事に就くかもしれない。
違う土地に行くかもしれないし、色々な人に逢って別れて恋愛して結婚して・・・。
楽しいこともつらいことも、たくさんの事が彼女を待ち受けているだろう。

田舎の素朴な女の子に訪れるであろういろいろなことを想像していると、姪っ子の
双子の片方にちょっと似ていたせいもあり、彼女の行く末がすごく心配になる。
胸がキュッと苦しくなるくらい・・・。


・・・・・・・・・え?・・・あれ?・・・、はッ!、これを老婆心というのだわ。
しかし老いたババアの心とはずいぶんな。差し出がましい親切をする人も少なくなった今の時代。老いることによって角がとれ欲が抜けて他人のことを心配するようになる、のもいいのかもしれない。

IMG_0319.JPG奥会津の春は素晴らしいだろうな

別れ際、彼女の名前を聞いたから、数日後、検索して活動するグループのHPを見つけ
メールをしたら、すぐ返信があった。
いつか東京で奥会津の観光イベントが開かれたら、必ず行くと返信をしたけど、その
メールには返信がなかった。
ババアの心とは温度差があるのだ。
nice!(7)  コメント(8) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -